同音異義語

・ おやじ【oyaji】

[ヒグマ]のこと。「山親爺」と表記することもある。

いったいどういう事なんだろう。「おやじ」が「ヒグマ」なら、「ヒグマ」
「おやじ」?…お父さんヒグマだったの?!
騙されているのだろうか…あれ?ヒグマってキツネだったのか?!?!
え?!お父さんがキタキツネだったの?!

 例)「鈴はおやじには会わない為のお守りなんだ。」

・ ぶすいろ〔附子色,付子色〕【busuiro】

[青あざの色]をさす。

そもそも、附子とはトリカブトのことで、その花の色は紫色をしており、そこから内出血の色をぶす色と呼ぶようです。
内出血するような無様な動きをする、鈍臭くて眼も当てられないようなやつだ、というわけではありませんから、「ぶす色出来てるよ。」と反笑いで言われても、「人生には山も谷もあるのだ」としれっとしていて大丈夫です。
それに、附子の花の色は綺麗ですから!

・ いたましい【itamashii】

[もったいない]という意味。
“いたましい事件”とは違いますから、前後関係に注意して聞いてみましょう。“MOTTAINAI”は日本の美学です。北海道で「いたましいことするね」なんて言われないようにしましょう。

例)「タラバガニ残すなんていたましいよ」殻まで食べたら褒めてくれるかも。

・ こわい【kowai】

[痛い]ようす。

北海道出身の方がこわがっていたら、気をつけてあげるとよさそうですね。
逆に、意味を知らずに、「こわい、こわい」と言っていると、道産子に心配かけてしまいますから、使用時には十分注意が必要です。
でも、どっちにしたても、言わなきゃいけない時には思いきって口に出しましょう。どちらにしても、心配してくれるはずです。

類義語)「いずい」【izui】

    [(身体の一部に何かがふれて)不快,違和感がある]ようす。

例)「眼にゴミが入っていずい」

コンタクトがゴロゴロする時などにも使えます。

例)「タラバガニの殻まで食べたせいか、お腹がこわいんです。」

・ きかない【kikanai】

[ワンパク,健康,乱暴]であるさま。

「言う事を聞かない」「気が利かない」から派生したようで、北海道に意外にも似たような言葉に進化しているようです。
なににつけても、人の話はよく聞かなければなりませんね。

例)「殻まで食べるとは、きかないことをしたものだね。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です