あの時、話題になりました!

平昌オリンピックで女子カーリングが話題になったのがすごーく前のように思うけど、あれからまだ1年もたっていないのが、なんだか不思議に思ってしまいます。
たくさんの感動をもらってけっして忘れてしまったわけではないのだけど、時間がたつごとに思い返すことは少なくなっていってますね^^;

時間というものは止まることなく過ぎていくし、過ぎていく時のなかでさまざまな出来事があるわけだから、思い返すことが少なくなっていくのはごく当たり前のことで、ふとした時に思い出して懐かしく思うのがいいのかもしれませんね^^

ということで、ふと、あの時に話題になった北海道の方言を思い出したので、ちょっと振り返ってみようと思います^^

“あの時”とは冒頭で触れた“平昌オリンピック”のこと。
平昌オリンピッで話題になった北海道の方言といえば、やっぱり「そだねー」や、「押ささる」、「~かい?」などですよね( ´艸`)
カーリング女子日本代表として出場したロコ・ソラーレの選手たちが、試合中に北海道の方言で戦術を話し合っていたことが話題になって、真似してた人もたくさんいましたね~^^

「そだねー」は「そうだね」が訛っただけの言葉。なので、北海道の方言だけどわりとどこでも通じるかも^^
共通語っていってもいいんじゃないのかな?友達同士で使うことが多く、身内や目上の人に対して使うことはあまりないように思います。

「押ささる」はとっても便利な言葉!
「自分の意思とは関係なく何かが起きてしまった」時や、「すでに~してある」時、「~できる」時にも使え、「押ささってた」や「押ささっている」といった感じに使い方がわかればろいろな場面で使えてとっても便利( ´艸`)

「~かい?」は、標準語での「?」を表していて、誰かの心配をする時などに使うことが多いですね。例えば「大丈夫かい」みたいなね。
これも「そだねー」と同じように友達同士でよく使う言葉。

これらの言葉も、最初に選手たちが話しているのを聞いたときは、何のことを言っているのかイマイチわからなかったけど、可愛く聞こえるからなんだかほっこりとしてしまったのを覚えているし、意味が分かれば自分も使えるようになるしで、言葉って楽しいですね~^^

にしても、一時はCMでも使われてたりしてほんとによく耳にしていたのに、最近はあまり聞かなくなってしまったような・・・。
トレンド(っていうのかな?)の移り変わりの早さにただただビックリ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です